• CHERISHH Inc.

“Do you mind if I use this chair?” (この椅子を使ってもよろしいでしょうか。) ‐パート2‐

最終更新: 2018年7月26日

この前、このフレーズを使った友人の失敗談をお話ししましたが、今日はその続きです。

ご近所に、優雅なお一人暮らしを楽しまれているご婦人がおられるんですが、そのお子様たちは、仕事の都合で現在サンノゼにお住まいです。

お孫さんたちが夏休みなので、戻ってこられていて、楽しくにぎやかな夏をお過ごしです。

その16歳のお孫さん(アメリカ生まれのアメリカ育ちです)に、先日、「学校の先生とかに、どんな風に頼むの?

“Do you mind if I use this chair?”とか“mind(気にかける)”を使って、頼むの?ていねいに?」と聞いてみちゃいました。

そうしたら、「ううん~あんまり使わないかも・・・」との返事。

「じゃあ、よく使う頼む表現は?」と尋ねると、

“I would be very happy if you could help me out.”

“I was wondering if it would be possible for you to help me out.”

“I would be grateful if you could read my report.”

のような文ばかりで、“Could you ~?” “Would you ~?”のような私たち日本人が習う定番と思われる疑問文が出てきません。

「なぜ、疑問文使わないの?」と尋ねると、

「前に、“Do you mind if I ∼?”って、言ったら、“Yes, I mind!”って、断られちゃったから、訊かないことにした。」と言うのです。

いや~、これぞ、アメリカのハイスクールで生き抜くスベと、感心するやら,呆れるやら・・・

アメリカ人気質を見た思いがしました。

“Do you mind if I ∼?”と訊いたら、いつも受け入れてくれるわけではないと覚悟しましょう‼世界は厳しいです。

では、また。



Copyright © CHERISHH Inc. ALL Rights Reserved.